ゴールドフィンガー ~小型、強力、ピンポイントマッサージ~

01

「健康のネジレ現象症候群」

人は古来より、毎日身体を使って生活をして来ました。しかし現代人はパソコンやスマホ、車や電車、家電製品などの普及により頭はよく使うのですが、身体(特に下半身)はほとんど動かさなくても生活出来るようになりました。その結果、現代人の大半が血行が悪く、生活習慣病になって命を落としているのが現状です。
これを「健康のネジレ現象症候群」と呼んでいますが、ここ数十年のネジレ度合いは現代医学の進歩でも追いつけない位の深刻な問題となっています。

02

「現代人はスマホを始め、IT機器の多用から来るストレス等で疲れ切っています。貴方の手遅れにならない為の予防方法は!」

年齢に関係なく、今や生活水準の高い国ほどストレスやノイローゼ、不眠、鬱、認知症等に悩まされているそうです。日本でも神経科のある診療所などは、何処も予約で一杯だそうです。最初はストレスから始まり、慢性的になるとノイローゼになり極度の寝不足から鬱が待ち構えているのがお決まりのパターンなんです。
そして取り返しの効かない状況になってしまいます。
昔と違い現代人はパソコンやスマホなど情報通信機器の使い過ぎで、特に上半身の筋肉の使い過ぎから血行が滞り自律神経のバランスが狂って、様々な疾患に悩まされている方が多いそうです。だから一番大切な脳を活性化させてあげることが大切なんです。それには手のツボを軽く刺激するだけでも想像以上に脳が活性化につながります。

03

「上半身から下半身へ、下半身から上半身へ」

東洋医学では今迄、健康維持の常識として身体の最も下の部位である足やふくらはぎが健康の要と言われて来ましたが、最近西洋医学の常識では一番大切な部位は、頭から順番に心臓、肝臓と上から順番に下がって来ているのが常識だそうです。
しかし、今迄の健康器具では全身を完璧に揉み解す事は困難でしたが、このゴールドフィンガーは人間工学に基づいて、全身にバランスよく使えるように設計してあります。

04

昔の人は1日に2~3万歩も歩いていたので、足に血液の汚れが溜まることも無かったのですが、現代人は1日に3~4千歩位しか歩かなくなってしまい、その結果、現代人の死亡原因の97%が血液の汚れが関係しているそうです。
毎日、少しずつでも身体のお手入れをしている人と、そうでない人では5年後、10年後その差は歴然としています。
転ばぬ先の杖ではないですが、予防医療の観点からも、小まめな身体のお手入れをしてあげて下さい。

05

06

07


btn_shopping

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る